SALONE(サローネ)では、イタリア雑貨、南イタリア情報、などをお届けします。

ログイン画面よりお客様情報をご入力されますと、次回ご購入時は詳細入力が省けます。パスワードの設定には"半角英数字”のみでー。・,などの記号は設定できません。ご注意願います。
海外アート
  ランキングに参加中!
陶器・食器
クリックにご協力下さい

NP後払い
↑詳細はこちらをクリック
ホームブルーノ・ムナーリ
Bruno Munari
ブルーノ・ムナーリとは

Bruno Munari

1907年ミラノ生まれ。イタリアを代表するグラッフィクデザイナー、プロダクトデザイナー、絵本作家、造形作家、彫刻家、美術評論家と様々な才能を持ち活躍した、イタリアの偉才。

1942年頃より、子供の創造力を育てるための絵本製作を始め、国内外で個展を開催。
「コンバッソ・ドーロ賞」「国際アンデルセン賞」と国際的芸術賞の受賞多数。
1998年91歳で死去。

 ムナーリの作品の魅力は、そのユーモア性とアートに対して柔軟な精神が感じられるところではないかと思います。シンプルな彼の作品からは、子供の創造性を引き出せて、育てるにはどうしたらよいかが考えられていて、非常に彼の子供達への愛情が感じられる作品ばかりとなっています。
そして何よりも、芸術は特別な物ではなく、皆が楽しめるものと感じさせてくれます。

彼の絵本の作品には、仕掛け物が多く、初版から数十年たった今でも、十分大人が見ても面白く、子供心に返れる絵本ばかりです。 また、文章は非常に短くあくまでも補助的役割で、視覚によって創造力をかきたてられる絵本となっています。

 ムナーリの作品は、絶版の物がほとんどだったのですが、1995年位からイタリアのとある企業によって積極的に復刻され、広く世界のムナーリファン、そして子供達に届けられる事となりました。

 日本では圧倒的に、デザイン関連仕事の大人の方や、彼のファンが購入されているブルーノ・ムナーリの絵本を、SALONEではぜひ、子供達に勧めていきたいと思います。
今では、多くの作品が復刻されて見る事ができますが、サイトで紹介させていただく絵本は実際に手にとり、おもしろいと感じた作品のみをご紹介させていただいております。

日本ではあまり見た事のないスタイルの絵本ばかりです。イタリアンアート、そしてブルーノ・ムナーリの世界をぜひ子供達とともに体感してください。