SALONE(サローネ)では、イタリア雑貨、南イタリア情報、などをお届けします。

ログイン画面よりお客様情報をご入力されますと、次回ご購入時は詳細入力が省けます。パスワードの設定には"半角英数字”のみでー。・,などの記号は設定できません。ご注意願います。
海外アート
  ランキングに参加中!
陶器・食器
クリックにご協力下さい

NP後払い
↑詳細はこちらをクリック
ホーム額装について
額装について
額装って何?

額装とは、一般的に額に絵をセットすることを意味しますが、額に入れる主題(絵やポストカード、版画、オブジェ)をより際立たせるために創作されるテクニックだとも言えます。

欧米では文化の違いから壁面にデコラティブに絵画を飾る家庭が多いため、額装屋(フレーマー)という職業が多くみられます。

日本でも輸入住宅の購入が増え、多種多様なインテリア空間が存在しますので、壁面に絵画を飾り空間を楽しんでいる方が多いのではないでしょうか。

額装とは技術の要する仕事です。仕上がりが丁寧で、商品を大切に扱うという点を考え、SALONEでは主に日本での額装を行っております。

下記に額装の工程を簡単に写真と共に説明します。


商社から輸入され、様々な国から届いた棹、狂いの少ない良質のを利用します。
イタリア絵画

45度を出す為に、特殊な機械を使用し切断します(危険で難しい作業です)。 イタリア絵画

切断した棹をつなぎ合わせ、加工します。
イタリア絵画

組んだ棹のタッチアップ(キズがついてしまったところなどの補修)を行います。
イタリア絵画

梱包用のダンボールもフレームの寸法に合わせて加工します。

その後は水彩画の場合中抜きマット、油彩はライナーなどをはめこむ作業があります。

額装する物に合わせて、また作品を引き立たせる為、作品が直接硝子やアクリル板に触れないように、仕上がりの段階になると表現方法によって他にも様々なテクニックがあります。

アクリル画などの油彩の場合、通常ライナーなどを入れて、高級感などを出しますが、SALONEではモダンな仕上がりになるよう、あえてライナーが見えないように製作依頼をしています。